団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

都内在住のサラリーマンが自転車通勤をしないのは損すぎると確信する5つの理由

スポンサーリンク

健康のためにはなァ

運動せなあかんぞぉぉぉおお!!

団長P
団長P
 
 
フジモト
フジモト

そ、それはわかってるんですけど

忙しくてなかなか運動するヒマがなくて・・・

どーも!

都内は基本自転車移動、六角人@団長P(@rokkaku_danchop)です!

 

・最近、運動不足が気になっているけど体を動かす時間がない

・運動はしたいけど、お金を払ってジムに通うほどではない

 

頭ではわかっていてもなかなか実行に移せていない人、多いですよねぇ。

学生の頃は運動部に所属していた人のに、社会人になってからはほとんど体を動かさなくなった、みたいな話はよく聞きますし。

そのまま何もせずに数年経つと・・・

お腹が出てきたり、ちょっと階段を登っただけで息が上がったり。

 

昔の栄光はどこやら。

すっかりダラけきったわがままボディのできあがりです。

 

そんなのヤダ!

仕事も遊びも楽しんでまだまだ青春したい!

そんなあなたにオススメしたいのが自転車通勤。

毎日の通勤を自転車に変えるだけで、自然と結果にコミットできるようになりますよ。 

 

 

通勤を電車から自転車に変えるだけで運動不足解消!

平日は朝から晩まで仕事。

休日は遊び。

できるサラリーマンほど、オンもオフも忙しいもんです。

 

健康のために運動するのは大事だとはわかっていても、なかなか時間は取れません。

でもね、わざわざ運動する時間なんて取らなくていいんですよ。

1日の生活を見直してみて、運動しながらできることがないか考えてみましょう。

 

食事の時ぐらいはゆっくりしたい・・・

運動しながら仕事ってのも難しい・・・

 

・・・毎日の生活で必ずあって、

なおかつながら作業ができること。

 

そう、それが通勤時間!

 

通勤なんて家から会社にたどり着ければいいわけだから、方法なんて何でもいいんですよ。

もし、あなたが今、通勤時間が1時間程度で家から会社までの距離が10km以内なら、すぐに自転車通勤に変えましょう。

 

遠すぎるとしんどすぎて仕事をする気がなくなってしまいますが、10km程度ならちょうどいい有酸素運動。

 

時間的にもできれば30分以上が理想。

短すぎても脂肪が燃焼するヒマがありません。

 

自転車通勤をオススメする具体的な5つの理由

1.会社に出勤するという目標は、モチベーションに左右されない

ジムに入会した人のほとんどが続けられずにやめてしまうそうです。

運動する習慣のない人が運動することを目標にすると、だいたい挫折します。

人間はまず習慣化するのが難しい生き物なんで。

 

しかし通勤は、サラリーマンにとって避けては通れないもの。

どうせ避けられないなら、そこを利用してしまいましょう。

通勤すること自体に好き嫌いやモチベーションは関係ありません。

自転車乗るぐらいなら会社なんて行かねぇ!なんて人でもない限り、自転車通勤はサラリーマンが習慣化しやすい運動なんです。

 

2.満員電車の苦行から逃れられる

都内の電車の混み具合は殺人的。

ボク、通勤電車がめちゃめちゃ嫌いなんですよ。

当たり前のように、毎朝満員電車に乗ったりしている人をどうしても理解できません。

 

そんな満員電車嫌いにとっても自転車は強い味方です。

何しろ1人で乗るもんなんで。

圧死するほど人が乗り込んできたりとか、痴漢に間違われたりとか、終電間際の酔っ払いに巻き込まれたりとか。

通勤電車にありがちな不快イベントは起こるわけがありません。

 

これだけの理由でも自転車通勤する価値はあります。

ストレスまみれの通勤が自分だけの快適な時間に早変わり!

 

3.時間に縛られることがなくなる

電車通勤で切っても切り離せないのが電車の時間。

乗り遅れたり、乗り換えミスったりすると思わぬタイムロスを生んでしまうこともあります。

 

ボクは飲食店勤務で帰るのが遅くなり、終電を逃してしまうことがあったのですが、自転車ならその心配もなし。

電車に縛られることなく、好きな時間に通勤できます。

 

ちなみに中野から六本木に通っていた頃は約40分。

夜になると交通量が少なくなるので30分で家につくこともありました。

電車通勤とほとんど変わりませんでしたねぇ。

 

4.気持ちよく仕事に取りかかれる

適度な運動は気分転換に最適。

 

ちょっとぐらい嫌なことがあっても、自転車をこいでいるうちにリフレッシュ。

血流もよくなっているので、会社に着く頃には頭もスッキリ、体もバッチリ臨戦態勢。

すぐに仕事を始められます。

 

朝からスタートダッシュを決められれば、ライバルに差をつけるチャンス!

 

5.お金が節約できる

限られた給料で生活しなくてはならないサラリーマンは可能な限り出費は抑えたいもの。

 

自転車なら買ってしまえばあとはたまにメンテナンス代がかかるぐらい。

ボクが今乗っている5万円程度の自転車でも、毎日の通勤にまったく問題ありません。

 

電車代もかからないし、長い目で見ればお金の節約にもなります。

 

運動するためにジムに通ったりすると、1ヶ月1万円ぐらいはかかちゃうしねぇ。

健康のための運動なら自転車通勤で十分でしょ。

 

自転車通勤でサラリーマンとって大事なものが手に入る

 

というわけで、メリットだらけの自転車通勤。

 

まずは、休みの日に会社までの道を確認がてら走ってみましょう。

考えていたよりよっぽどスムーズかつ快適に出社できるはず。

ちなみに今ボクは六本木に住んでいますが、渋谷、銀座、新宿などは20分ぐらいで行けちゃうので電車の方がめんどくさいです。

 

デメリットは事故に巻き込まれる危険があること。

でもまあ、8年近く都内で自転車に乗っていますが、事故ったことはありません。

 当たり前の話ですが、交通ルールさえ守れば、自転車は安全な乗り物なんです。

 

ちょっとがんばって自転車通勤をするだけで、心身の健康と時間とお金が手に入る。

これはやるしかありまへんなぁ!