団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

実家に帰って家族会議したら意外に盛り上がった話

スポンサーリンク

どうも!肉屋六角(@rokkakujizo)でございます!

 

所用がありまして、大阪の実家に戻って参りました。

久しぶりの家族集合ということで飯を食いながら、最近あったことやこれからやりたいことなど話したんですが。

これが意外と盛り上がりまして。やっぱたまにしか会わないと話したいことがたまるもんですね。

家族会議で盛り上がったトピック大公開!

それこそしょうもない話も多かったのですが、特に盛り上がったのは以下の話題。

果樹園造園

今まで米と野菜ばかり作ってきたので、果樹にも挑戦する。

観光農園とか。加工品とか。工場借りれるかも。

ビニールハウス増築

年間通して安定した収穫をしていくためにビニールハウスを増やす。

そのために、近所の売りに出ている土地を買う。

果物の水耕栽培もおもしろそう。

かまど制作

薫製とかピザとかパンとかを焼ける本格的なかまどを作ってみよう。

業者に頼まなくても、自分たちで作れるって。

母屋リフォーム計画

バリアフリー化した母屋を昔ながらの作りに戻す。土間とかカッコいいよね。

古き良きは残しつつ、新しい感覚も取り入れたこだわりの家。

古民家カフェ計画

せっかくリフォームしたんだから、お客さん呼べるやん。

畑で作ったもんとか、かまどで焼いたもんとか、出しまくろう。

民泊もおもしろいよね。

親父の腰が痛い

最近、腰が痛い親父。テンション上がった飼い犬におしっこをかけられていた。

親父は農業なんて儲からないって言うけれど、やり方次第でまだまだおもしろいことできるはず。

まあ、こんなことを話しておりました。

無謀に思えることもあるけれど、田舎のいいところは本気になればすぐに実現できるところ。だいたいのものは自作できてしまうんで。

やっている人がほとんどいないのでやったもん勝ち、みたいな空気が強いので妄想空想し放題です。

あとはやる気とお金次第! ホンマおもしろいなぁ!

妹の旦那と心が通じ合った日

今まで共通の話題があまりなくて、妹の旦那とはなんとなく距離を感じていました。

そんな義弟がこんな雑紙を買ってきました。

ボク:え、次はかまど作るの?

義弟:そうやねんけど、みんなは乗り気やなくて。

ボク:いやいや、めっちゃおもろいやん! やろうやろう!

どうやらみんなから反対されていたところに、ボクががっつり食いついたみたいです。

去年あたりからパンやピザ作りに興味があって、かまどがほしかったんですよ。

そしたら、義弟が作ってくれるって。

彼は普通のサラリーマンをやっているのですが、おじいちゃんが大工をやっていた影響でものを作るのが得意なんです。

実家にあるウッドデッキも彼の作品。

△これ、ほぼひとりで作りました。

DIYどころじゃないスキルの持主なんです。いい弟を持ったなー。

そもそも、今回の家族会議が盛り上がったのも彼のなんとなく発した「イチゴ作りたい」っていう言葉がきっかけでしたから。

これからはタッグを組んで実家を改造していきます。

色んな人が自分のやれることを持ち寄って、ひとつのものを作り上げていく感じがたまらなく好きです。

今日の一言

「田舎って、まだまだやっていないことだらけ。仕事と遊びを同じフィールドで考えればどんどんおもしろくなっていく

 

まいどおおきに!