推しレポート

【福島屋六本木店】パンコーナーのクオリティが異常に高い件について

朝食はパン派。六角人(@rokkaku0506)です。

お気に入りのパン屋さんってありますか?

パンといえば、今やスーパーやコンビニなど、どこでも売っている日常食です。

どこでも買えるだけに、なんとなく選んでしまっている人も多いはず。

でも、どうせ食べるなら安心でおいしいものを食べたいよね。

六本木に住んでいるボクのオススメは「福島屋」

国産食材を集めたこだわりの店です。

毎週通うお気に入りの店を全力で紹介させていだだきます。

 

パンの穴場「福島屋」は六本木一丁目駅直結

最寄駅は地下鉄六本木一丁目駅。

六本木駅とはまったく違う場所なので要注意。

中央改札を出て左(切符売り場のある方)に曲がって、ずーっとまっすぐ。

自動ドアを出てすぐのところにアークヒルズサウスタワーの入口。

アークヒルズサウスタワー地下1階「アークキッチン」という飲食店街の1番奥に福島屋があります。

店頭写真を見た感じ、パン屋っぽくないですよね?

それもそのはず、福島屋はもともとスーパーマーケット。

なので、パン以外にも生鮮食品やお惣菜、調味料からお酒まで日常生活に必要なものがそろいます。

 

福島屋のパンコーナー

それでは前置きはこれぐらいにしてパンコーナーへ。

値段は200〜300円ぐらいと少々お高めですが、こだわりの原材料から作られたパンはシンプルながら味わい深いものばかり。

一気に紹介していきまっせー!

クルミパンなどシンプルな生地に具材を練りこんだ系

フォカッチャピザなどの食事系

みんな大好きメロンパンなどの菓子パン

シンプルだけどモッチモチの食パンは毎日食べたくなる味

店内で作られた惣菜を使ったサンドイッチやバーガーも充実

パンだけでなくおやつにぴったりなクッキーやドーナツ

個人的オススメパン!!

「フルーツライブレット(200円)」

焼きたてはもちろん最高なんですが、冷めてもレンジで温めればおいしさ復活。

ライ麦を練りこんだもちもちとした生地にドライフルーツとクルミがたっぷり入っています。

食べ応えもあって、朝ごはんや軽食にぴったりの1品。

「大納言ブレッド」

福島屋の看板メニュー。六本木店では曜日限定商品になっています。

バターと大納言をたっぷり使いまくった贅沢なパン。

ぜひとも焼きたてを味わっていただきたい!

福島屋のこだわり

福島屋のウリは何と言っても日本全国を回って探し出された食材の数々。

産地から直接仕入れた新鮮な食材が店舗に併設されているキッチンで調理されます。

だから、安心でおいしい。

こういう取り組みって、やっぱり食の基本なんちゃうかと思います。

パンの場合は東京青梅市産の卵と北海道産の小麦とバターが主原料。

六本木エリアは外資系企業や大使館が多い国際的な街。

フランスなどから有名パン屋が進出してくることも多いです。

そんな街で国産にこだわって勝負してる姿がめっちゃかっこいいんすよね!

まとめ

毎日食べるものだからこそ、ちゃんとしたものを食べたい。

福島屋はそんな消費者の思いを叶えてくれるお店です。

パン屋専門ではないので、品数はそれほど多くはないです。

でもそのぶん、並んでいるパンは間違いないものばかり。

食に興味のある方なら店内をウロウロするだけでも楽しいので、六本木に来る時にはぜひ立ち寄ってみてください!

詳細情報

「福島屋六本木店」

【住所】東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー B1

(東京メトロ南北線六本木駅一丁目中央改札から徒歩2分)

【電話】 03-6441-3961

【営業時間】8:00-22:00(平日)10:00-21:00(土日祝日)

【定休日】不定休

※2017年10月の情報です。営業時間やメニュー価格などは偏向になる場合がございます。

ABOUT ME
六角人
六角人
大阪ド田舎出身。大学応援団、上京して映像制作、からの六本木の焼肉屋。店長になって仕事しまくってたら体調を崩して、34歳にしてADHDの診断を受ける。世の中を面白おかしく、心も体も健康に、自分が本当に生きやすい環境を作ることがテーマ。チサンチショウ企業RKZ代表。地元一番密着メディア「さのいち」編集長。古民家オーナー。