団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

ブログで顔出しして1年経つけどメリットしかなかったので、思い切ってすべてさらけ出してみた

スポンサーリンク

本日は、ブロガーなら必ずブチ当たるであろう問題に真っ正面から切り込んでやろうと思います。

 

それは

「ブログ顔出し問題」

 

ちまたでは、個人の写真をネット上で公開することに賛否両論ございます。

正直怖いもんね。

自分の写真が知らないところで変なことに使われたりしているかもしれんのですから。

 

しかし、実際に1年近く顔出ししながらブログ運営してきたボクが感じたことは、

顔出しブログ、最高!!

ってことでした。

 

顔出しを始めたきっかけ

ブログを書き始めた頃は顔出しを一切していませんでした。

会社員という立場もあるし、やっぱりなんか怖いし。

 

顔出しを始めたきっかけはこの記事。

参考:桜が満開の代々木公園でお姉さんと人生初のエアロビをしてきた

 

自分以外のブロガーさんと初めて交流した時のもので、自分以外は全員個人で活動されている方でした。

最後に集合写真を撮ったのですが、このままでは自分が顔出ししていないために写真が使えないことになってしまいます。

書いている本人の顔だけ隠すのも違和感ありまくり。

そして、他の方々が自分というものをしっかりと打ち出して活躍されているのを見て、顔出しするしないで迷っているのがしょうもなく思えてきました。

 

よし、やってみよう!

 

ちょっとビビりながらではありますが、自分がカッコいいと思える人たちに影響されて、顔出しを決意しました。

 

顔出しのメリット1「セルフブランディングがしやすい」

顔出しするメリットで1番大きいのが、誰が書いているのかが一目瞭然になること。

つまり、セルフブランディングがしやすくなるという点です。

 

どれだけ詳細なプロフィールを作ったとしても、1枚の写真の方が圧倒的なパワーを発揮してくれます。

キャラ立ちがめっちゃ楽。

 

例えばボクなら東京在住で飲食店勤務の33歳男性。

こんな人はいくらでもいますよね。

でも、写真ならその人以外あり得ない。

 

しかも、どこの誰だから分からない人のプロフィールなんてわざわざ読んでくれる人はいませんが、写真なら嫌でも目に飛び込んでくる。

ブログを読んで、自分のことをまずは知ってもらう「つかみ」としても顔出しは有効です。

 

最終的にボクが目指しているのは

「職業=自分」

 

ということは、商品は自分自身。

自分のことを知ってもらうのは最低限度の営業努力なんですね。

 

顔出しはブログの筆者をはっきりとさせ、活動や考え方に興味を持ってもらい、ファンになってもらうために強力な武器になってくれます。

 

顔出しのメリット2「親しみを持ってもらいやすくなる」

顔出しをすることで、無機質な文章ばかりだったブログが人間味を帯びてきます。

このブログの向こうには同じ人間がいるんだと感じてもらうことで、読者から親しみを持ってもらえるようになるんです。

 

実際の店舗でもよく来店されるお客様はなんとなく顔を覚えてしまいます。

名前が分からなかったとしても、目が合った時などに軽く挨拶なんかをしていると、いつの間にかお客様の方から声をかけてくれるようになったり。

自動販売機に挨拶する人はいませんよね。

顔が見える人間同士だからこそ、親しみがわくんです。

 

加えて、自分自身もブログに対して愛着が強くなりました。

やっぱり自分の顔が出ているとより自分のブログ感が増しますね。

 

顔出しのメリット3「記事が書きやすくなる」

顔出ししてから記事がめっちゃ書きやすくなりました。

ボクの場合、基本的には自分の経験を記事にすることが多いので。

濃い記事を書こうとすればするほど、自分自身にも触れざるを得ないんですよね。

 

そこを避けて書こうとすると、どうしても当たり障りのない文章になってしまう。

説得力もなくなっちゃいますし。

 

何より、自分をネタにすることで、生きることすべてがブログを書く素材になってくれます。

この記事なんかはまさにそうで、顔出ししていなければ成立しない内容です。

参考:応援団員の職業病「学ラン病」の恐ろしさについての経過報告

 

顔出しのおかげでネタ切れの心配もなくなりました。 

 

顔出しのメリット4「責任を持って生きていけるようになる」

これはもう、ブログというか生き方の話にも通じるのですが。

個人を全開に打ち出してブログを書くということは、何かあった場合、責任はすべて自分にあります。

そうなるといい加減な記事は書けなくなるので、あやふやなことは必ず調べてから記事にします。

必然的に内容が正確でクオリティの高いものになりやすい。

 

普段の生活の中でも、もし犯罪なんかやらかしたら速攻で身元が割れてしまうのでヘタなことはできません。

適度な緊張感を持って、毎日を送ることができるようになります。

 

偶然、街で読者に出会ってしまった時に「ブログではあんなこと書いてたのに全然違うやん!」と思われるのも嫌なので、嘘は書かないし、必要以上に背伸びしたことも書きません。

 

責任を意識するのと同時に、自然体でブログが書けるようになりました。

 

顔出しのデメリット

ここまでメリットばっかり書いてきましたが、じゃあ、デメリットはないの?

 

考えてみたんですが、

信念を持って誠実なブログ運営を心がけている限り、

デメリットはありません!

 

今のボクは会社員ですが、職場にバレたとしても、何一つ恥ずかしいことは書いていません。

会社の内部事情なんかはそもそもこういうところに書くべきではないと思っていますし。

まあ、ちょっとぐらいは注意を受けることがあるかも知れませんが、そしたら謝ります。

 

自分の写真が勝手に使われるのが怖いという話もあります。

しかし、これもちゃんとした写真を使っていれば心配ありません。

 

昔、覚せい剤の密売人が捕まった時に、犯人の経歴がボクとかなり似ていました。

そのせいで、覚せい剤の売人としてボクの写真がばらまかれるという事件があったのですが、実生活にまったくの影響なし。

ネットで騒がれるなんてそんなもんですよ。

死ぬわけじゃないしね。

 

まあ正直、炎上とかはしたとこないので、もしそうなったらショック受けるかもしれません。

でも、メリットに比べれば、デメリットは大したことないっすなー。

 

顔出しブログ全力応援中!

結論

「顔出しした方がブログは圧倒的に楽しくなる」

 

ボクは顔出ししたおかげでブログをより楽しめるようになりました。

ブロガーとの交流も少しずつ広まってきて、顔を覚えてもらえるようになると、今まで知らなかった世界も開けてきました。

ちょっと勇気を出すだけで、大きな変化が起こせるんだから、コスパめっちゃいいよね。

 

ちなみに、このブログで使われている顔出し写真は今まで撮り貯めてきたものを加工して使っているのですべて無料。

宣材写真みたいにきっちりとしたものをお金を払って撮ってもらうのもいいんですが、それだとちょっと堅くなり過ぎてしまう気がして。

いい意味で気の抜けた、生活感のある写真の方がブログのテイストにも合っていると思っています。

親しい友達が撮ってくれた写真の方が、プロより自然な自分を切り取ってくれてたりするんですよね。

 

こだわりたい人は、ちょっと本で勉強するだけでも、けっこういい感じに撮れるもんです。

 

1度顔出ししてしまえば、なんかいろいろ吹っ切れます。

悩んでるぐらいなら、思い切ってやってしまうがいいですよ。