未分類

クリスマスまで休みなく働きまくって考えたこと

メリークリスマスでした! はい。季節感は大事ですから。
image

幸か不幸かぼくは社会人になってから、ゆっくりクリスマスを楽しむなんちゅう職業に就いたことがないのです。 初めての会社が映像制作プロダクション。そして今が飲食店。どっちかっていうと、メリクリで盛り上がりたいと思っている人たちに対して、快楽を提供していく側ですね。

 

12月が暇な飲食店はやめちまえ!

飲食やってる人間からすると常識ですが、12月は年間で1番の繁忙期。そんな時期に売上が先月より下がったりしようものならかなりの末期的状況です。

スタッフのやる気がないのか、業態が合ってないのか、立地が終わっているのか。理由は色々あるはずなのですぐに改善するか、閉店しましょう。時間とお金がもったいない。限られた自分の資源をもっと有効に使った方が人生ハッピーになりますよ。

おかげさまでうちの店は昨日25日に今年の最高売上を達成することができました!(拍手)

約2週間つづいた怒濤の忘年会ラッシュも昨日で山を越え、これから年末に向けて大掃除やら来年の準備やら。まだまだ営業最終日まで気は抜けません。こういう時に油断するとあっさり風邪ひいたりするんでね。 

正直、記念日とかイベントとか興味ないんです。

昔からクリスマスだとかハロウィンだとかいわれてもイマイチ乗り切れなくて。だから仕掛ける側の方が性に合ってるんですよ。

自分が企画や準備したことで人が喜んだり盛り上がってくれるのが何より嬉しい。人の喜びが自分の喜び、なんて高尚なことは申せませんが、なんかハッピーな空気で満ちあふれている空間って最高じゃないですか。そういう空間を作ることがぼくの喜びです。

だから、記念日やイベントはぼくにとっては、自分の作りたい空間を演出するための一要素。人が集まったり、関心が集まるのを利用して盛り上げたいだけなんです。

消費するだけの娯楽にはもうあんまり興味ないんで。仕掛ける側の方が断然おもろいですよ!

ABOUT ME
六角人
六角人
大阪ド田舎出身。大学応援団、上京して映像制作、からの六本木の焼肉屋。店長になって仕事しまくってたら体調を崩して、34歳にしてADHDの診断を受ける。世の中を面白おかしく、心も体も健康に、自分が本当に生きやすい環境を作ることがテーマ。チサンチショウ企業RKZ代表。地元一番密着メディア「さのいち」編集長。古民家オーナー。