団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

会社員を10年間やってきたボクの現状と結論

スポンサーリンク

物心ついた頃から「とにかくがむしゃらにがんばる」というのが最高にカッコいいと思ってきた。

たいした才能や技術もなかったボクは、せめて気持ちだけでは負けないよう「一生懸命」を売りにするしかなかったからだ。

たとえ結果に繋がらなかったとしても、「がんばってきたという過程」さえ示せれば、最低限の評価は受けることができる。

そうやってなんとか自分の居場所を確保することができた。

 

今さらですが

10年以上会社員をやってきて最近よく考えることがある。

それは「やっぱ自分の力で成果出さなきゃダメでしょ」ってこと。

成果を出さなくても生きてこれたのは、自分以外の誰かが成果を出してくれたから。

何もわかっていない人間でも給料を払いながら面倒見てくれたから。

会社という仕組みの中で会社員として働いているおかげで、それなりの成果でもそれなりに生きてこられた。

 

不自由の代わりに得たもの

会社員として働いている限り、会社優先で生活するしかない。

○時に出勤して○時に退勤。終わらない時は残業したり。

これは自分じゃなくて会社が決めたこと。

勤務場所もそう。

人生のキモとなる時間と場所を会社に押さえられるというのはなかなかツライところだけど、その代わりに毎月の給料をもらってきた。

時間と場所という大切なものと引き換えにボクは知り合いひとりいない東京で安定した生活を送ることができたのだった。

 

仕事をがんばればがんばるほど理想と現実の差ができた

30歳を超えた頃から、自分の生き方にすげー違和感を感じるようになってしまった。

いろんな経験をして、いろんな価値観に触れて、いろんなことを考えるようになった。

自分のやりたいことを実現するために入った会社で、やりたいことができていない現実。

能力や努力が足りない部分ももちろんあるが、やればやるほどやりたいことが明確化されてきて、目指したいこととのズレが大きくなってくる。

そのギャップに息苦しさを感じるようになってしまった。

自分のために生きてきたつもりが、会社とか誰かのペースに合わせて生きるようになっていた。

 

何も知らないことはある意味、幸せ

何も知らないでいることはある意味幸せだ。

知らないままでいれたら悩むこともなかった。

自分を取り巻く環境が世界のすべてだと信じていられれば楽だったはず。

でもボクはもう知ってしまっている。

会社員のすばらしさも、会社員だから失ってしまうことも、会社員以外の生き方があることも。

就活をした10年前とは社会の様子がまったく変わってしまっているんだ。

それなのに自分が変わらないでいいはずがない。

 

わたしはカメになりたい

今、取り戻さないといけないのは「自分のペースで生きること」

無理をしても続かないし、無茶をしてもたかが知れてる。

「本当にやりたいことは何なのか?」という問いに真剣に向き合って、やると決めたことを淡々と毎日続けていくことが最後は大きな成果につながるんじゃないか。

がむしゃらにやればがんばってる感は演出できるけど、そんな派手さはただのパフォーマンスで意味がない。やらないよりはマシだけど。

ウサギとカメの話やないけども、こんな時代だからこそ、カメのようにコツコツと進んでいかなあかんねんな、きっと。

 

会社員を10年やってみました

会社員を10年以上続けてきて、30歳を超えたのにまだ、回り道をしながら生きている。

周りの同世代は結婚して子どももいる人ばかりなのに、ボクは自分ひとりのことすらまともに扱えていない状態。

小さい頃は30歳なんかすげー大人だと思ってたよ。

想像してた未来と全然違う。

我ながらふざけたやつやなぁと思いながら10年来の友達と話していると

「あなたは真面目な人ですよ」

と言われて、なんかめっちゃありがたかった。

 

どうせ何をやっても批判されるし、全員から支持されることなんかないんだから、自分が好きなことを自分が好きな人のためにやろう。

 

会社員をやったおかげでひとりなら絶対できないことを体験できた。

そんな経験や人脈は一生の宝物だ。感謝だ。

けど、ずっと同じ場所にいるわけにはいかない。

不安なことも多いけど、次のステージへ踏み出す時が来た。

 

以上が、ボクが会社員を10年間やってみて出した結論です。