団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

【食レポ】東京神田カレーグランプリ優勝「日乃屋カレー」は毎日食べたくなる王道の味

スポンサーリンク

今日もカレー。明日もカレー。

そして、明後日もカレーじゃあ!

団長P
団長P
 
 
フジモト
フジモト

・・・辛いの苦手なくせに、カレーだけは好きですよねぇ。

3度の飯がカレーでも大丈夫、六角人@団長P(@rokkaku_danchop)です!

 

カレー屋を見つけるとついつい立ち寄らずにはいられない。

店の外までただようスパイスの香り。

あぁ、なんとも抑えられぬカレー欲。

 

今回は昔ながらの家庭の味を極め続ける、「日乃屋カレー」をレポートします。

 

 都内を中心に約50店舗が展開中!

今回は家の近くにある「神谷町店」へ。

他の店舗については公式HPを参考にしてください。

参考:店舗一覧 | 日乃屋カレー

 

神谷町駅1番出口からすぐ。

2階席もあるので、見た目以上に広いです。

1階はカウンターのみ。2階にはテーブル席もあります。

 

ど真ん中の看板にあるように、神田カレーグランプリで連続優勝を果たし、見事殿堂入りを果たしたとのこと。

これは期待できるでぇ。

 

まずは食券を購入

ノーマルカレー卵乗せから、揚げ物乗っける系まで定番のものが揃っています。

価格も630円からとお手頃。

まあ、カツカレーいくよねやっぱり。

 

メニューが決まったら食券を購入して、店内に。

 

日乃屋の「名代上メンチカツカレー」

食券を渡す時にご飯を大盛りにするか聞かれます。

無料ということで、迷いなく大盛りにしていただきました。

ご飯大盛り無料サービスは店によってやっていないところもあるみたいなので、詳しくはお店で確認してください。

 

注文が終わってから、ほぼ1分強というスピード提供!

メンチカツは8割くらい火を通しておいて、最後にフライヤーで温める作戦。

 

ご飯の上にメンチカツがドーン!

こういう豪快な盛り付け好きよ。

全部いっしょに噛み締めると、肉汁とルウの旨味、そしてご飯の甘味のトリプル攻撃。

 

ルウの特徴はとろみのあるお家系カレー。

始めに野菜の甘味が一気にくるので甘口かなと思いきや、あとからスパイスの辛味が追いかけてきます。

そして、肉の旨味が最後まで下の上に残ります。

 

家で食べたことありそうな味ながら、家ではなかなか出せない味。

これは毎日食べたくなるな。

 

トッピングはお好みで

水はセルフ。

福神漬け、らっきょう、一味は自由に使えるので好みでアレンジ可能。

 

漬物いっぱい食べたい派にはありがたいっす。

 

まとめ

カレーって誰でも普通に作れるけど、美味しいカレーを毎日同じ味で出し続けるって大変なんよね。

ボクも普段、店でカレー作ってるけど、やればやるほど正解がわからなくなってくる奥の深い世界。

 

その中でこの日乃屋カレーは日本家庭の昔ながらの味を極めたカレー屋さんでした。

誰もが食べたことがあるようで、一味違う。

そんなカレーをぜひ味わってみてください!

 

基本情報

「日乃屋カレー神谷町店」

【住所】東京都港区虎ノ門5-11-12 リリーハウス1棟

(日比谷線神谷町駅1番出口より徒歩1分)

【電話】03-6809-1179

【営業時間】11:00~22:00

【定休日】日曜・祝日

【その他】完全禁煙・大盛りサービスあり

※2017年9月の情報です。営業時間やメニュー価格などは偏向になる場合がございます。