団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

タイムチケットって知ってる?最速で成長したい人にオススメのサービスを体験してみた

スポンサーリンク

フジモト
フジモト

「なんとなく知ってるけど、イマイチ理解できないんだよな」

「もうちょっとこういうことができるようになれば、めっちゃ便利やのに」

みたいなことってよくありません?

そんなチミにぴったりのもんがあるで!

団長P
団長P
 
 

新しいことを始める時ってどうしてますか?

手っ取り早い方法なら、ウェブで検索の検索や関連する本を読む。

本格的にやるなら、学校に通うという方法もあります。

 

どっちにしても、お金がかかったり、思っていた以上に時間を使ってしまうこともありますよね。

そのわりには、望んでいた成果が得られない。

うまくいかないからやる気がなくなって、続けなれないなんて残念な結末を迎えたりなんてことがよくあります。

 

ボク、思うんですよ。

そういう時は詳しい人に聞くのが1番早い

 

 

30分でちょっとした技術や知識が学べる「タイムチケット」

詳しい人に聞くのが早いとは言っても、そうそう自分の周りにいるとは限りませんよね。

そういう時に役立つのがこのサイト。

 TimeTicket[タイムチケット]

 

「わたしの30分、売りはじめます。」がキャッチフレーズ。

簡単にまとめると、技術や知識を持っている人の時間を、それを学びたい人が買えるサービス。

他人の時間を売り買いするっていう発想がめっちゃおもしろい。

 

30分なんか短いと思うかもしれないけれど、ちょっとした疑問を解決するには十分な時間。

ホントかウソかわからんような情報を検索しまくってるぐらいなら、サクッと聞いちゃった方が早い。

しかも、学校に通うほどお金や労力もかからない。

 

買いたいサービスを選んで、希望日時を入力するだけ。

3分もあれば十分です。

 

実際に「タイムチケット」を利用してみた

ボクは今、飲食店で働いています。

普段からメニューやビラを自作したりしていたのですが、独学でやってるもんでどうも素人っぽさが抜けない。

文字ばっかりで見た目にもわかりにくい。

 

デザインを勉強してみたいというのもあったので、思い切ってイラストレーターを使ってみることにしました。

 

しかしながら。

これがまた素人がノリでやれるほど甘くないんすよ。

機能はめちゃめちゃあるし、本を読んでもわからないないことが多すぎて、何から手をつけていいかわからない。

これはちょっとひとりでは手に負えんなっちゅうことで、タイムチケットを検索して見つけたのがこのお方!

 

 

まさにボクが今、求めていること!

 

すぐに連絡をやり取りさせていただいて、カフェでお会いすることになりました。

ちなみに、連絡はすべてサイトや専用アプリを使って行われるので電話番号などの個人情報がバレる心配もありません。

 

そして当日。

指定された時間と場所で集合して、早速講座スタートです。

事前のやり取りで、飲食店のメニューを作れるようになりたいと伝えいていたので、希望に沿った内容で教えてくれます。

わからないこともその場ですぐに確認できるので、迷うことがありません。

 

で、1時間後。

イラストレーターを初めて触った人間が、ここまでできるようになりました。

 

※写真は練習で作ったサンプルです。

 

ぽいよね、なんか、っぽいよね!

 

正直、デザイン的にいえば、たいしたことは何もしてないのですが、写真入りのメニューが作れるようになりました。

現時点ではもう十分すぎる。

合わせて、基本的な操作も教えてもらったので、それを元に考えられるようになりました。

 

何よりもたった1時間でイラストレーターというソフトの可能性をめちゃくちゃ感じさせてくれたのが、収穫でした。

 

 

今回、担当してくれた村田さんは初心者にも丁寧に、必要なことはしっかりと教えてくださいました。

雰囲気も非常に良い方で、普通にカフェでおしゃべりしていただけだったとしても楽しかった気がする!

ホンマ、ありがとうございました!

 

「タイムチケット」のメリット・デメリット

「タイムチケット」自体、始まって間もないサービスです。

これから面白いことになっていきそう。

今回利用してみて感じた、メリット・デメリットをまとめておきます。

 

【メリット1】気軽に試せる

最短で30分。

金額的にも1000円程度のものが多いです。

最低限のリスクしかないので気軽にチャレンジできます。

ちょっと試したい、ぐらいの時にちょうどいい。

無理だとか自分には合ってないなと思うなら、そこでやめてしまえばいい。

 

もしこれが高い授業料を払ったりしていたら最悪ですよね。

なんか違うなと思いつつも、お金と時間を投資し続けてしまう。

無駄すぎます。

 

【メリット2】すぐに実践できる

時間が短いのであれもこれもやるというわけにはいきません。

必要最低限のことに絞って教えてくれます。

でも、素人の立場からしたら始めっから難しいことはやれないし、やる必要ないんです。

 

やりたいことだけやれればいいので、そこだけに集中して即実践。

難しい専門用語なんかわからなくていいから、とにかくやりたい。

先生にアドバイスを受けつつ、目指しているものに一直線に進んでいるから確実に成果が出ます。

 

 

【メリット3】モチベーションが高まる

独学で勉強するとなるとモチベーションの維持が大変ですよね。

慣れないうちに専門書を読んだりすると、知りたいことを探すだけで疲れてしまいます。

 

その点、目の前に先生がいると疑問はその場で解決できるので、ストレスなし。

しかも、自分がやっていることをもっと簡単にクオリティ高くなるやり方を提案してくれたりするので、一瞬でものすごくレベルが上がった感があります。

 

疑問解決→できるようになる→もっとやりたくなる

やれるようになると、自分に足りないこともわかってくるので、今後の勉強の計画も立てやすくなります。

 

【デメリット】初めて会う人に頼むという不安

一応、サイトの方で写真やプロフィールを確認できるので、最低限の情報はわかります。

ただやはり、初めて会う人なのでちょっと不安はあります。

あくまで本職で講師をされている方ではないので、教え方の上手い下手はあるのではないかと。

まあこればっかりは、まだ利用回数が少ないのでなんとも言えません!

 

友達に教えてもらうのではなく、お金が発生していることなので、責任持ってやってくださる方ばかりのはずですが。

利用者が増えてくれば、トラブルも起こるかもしれませんねぇ。

 

「タイムチケット」をより効果的に利用するために

とりあえず、今のところはめっちゃ使えるサービス。

気になるものがあれば、気軽にやってみたらいろんな発見があります。

どうせやってみるなら30分でも有効に使いたいよね!

っちゅうことで、限られた時間でより効果的に利用するために、相手の方と事前に確認しておいた方が3つあります。

 

それは

  • 現在の状況
  • これからやりたいこと
  • 使っている道具

 

現在の状況

まずは自分がどいう状況におかれているのか。

職業や現在のスキルなど。

 

【ボクの場合】

飲食店の店長で、メニューを作ったりしている。

パソコン自体は使い慣れている。

イラストレーターはまったく使ったことがない。

 

これからやりたいこと

チケットを買ってどういうふうなことをしたいのか。

どういうふうになりたいのか。

 

【ボクの場合】

イラストレーターを使ってメニューやビラを作れるようになりたい。

ホームページや印刷物で使いたい。

 

使っている道具

作業環境や実際に使う道具。

 

【ボクの場合】

MacBook Air

Illustrator CC

 

こういう情報を事前に相手に伝えておけば、いちいち確認する手間が省けるのでスムーズに始められます。

時間内はたっぷり実践に使えるので、成果も出しやすくなるはず。

 

大前提として、人間同士なので礼儀はきっちりして、お互いが気持ちよくやれるようにしましょう。

 

まとめ

 

日本でもおもしろくて、便利なサービスがどんどん出てくるようになりましたね!

こういうのを積極的に使っていくことで、今までハードルが高かったようなことが簡単にできるようになる。

やれるかどうか悩んでるぐらいなら、さっさと人に聞いてやっちゃいましょ!

 

 

選べるチケットもネタ的なものからめっちゃ真面目なものまで色々あるので、探してみるだけでも楽しいです。

TimeTicket[タイムチケット]

 

自分のチケットを売るのも簡単にできるので、なんかやってみようかなー。