団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

いつも父の日を忘れてしまうので、今のうちに親父へのメッセージを伝えておく

スポンサーリンク

6月の第3日曜日は父の日やそうです。

2017年は6月18日ですね!

 

ボクだけかもしれませんが、父の日って忘れがちじゃないですか?

母の日はわりと覚えてるのに。

なんでやろなぁ。

 

今年も例年通り華麗にスルーをキメそうなので、覚えているうちに親父へのメッセージをしたためておこうと思います。

 

 

親父について

親父について少し紹介させてください。

ボクとはちょうど30歳離れているので今年で64歳です。

今も大阪に住んでいて、生まれてからずーっと同じ場所に住んで農家をやっています。

 

高校卒業後は地元の農協に就職し、兼業農家に。

60歳で定年を迎えましたが、農業を続けつつ、農産物直売所を手伝ったりもしています。

 

趣味は野球観戦(もちろん阪神タイガース一筋)と釣り。

あとは、毎日のお酒。

最近は愛犬チャッピーとの散歩と孫と戯れるのを何よりの楽しみとしております。

 

離れてみて分かった親父のすごさ

大学卒業後に実家を出て今年で11年目になります。

気付けば34歳。

 

親父が34歳の頃って、結婚してボクと妹の2人が生まれてるんですよね。

よく考えてみると、これってめっちゃすごいことやん。

 

ボクは子どもの頃、すごく贅沢をさせてもらったわけではないけど、生活が苦しいと思ったことは1度もなかった。

欲しいモノはそれなりに買ってもらえたし、やりたいこともやらせてもらえてましたし。

妹とは年子なんですけど、ボクが現役での大学受験に失敗し1浪したために、2人同時に私立大学に入学することになりました。

 

自分が働く立場になって思うけど、子育てってめっちゃ金かかるよね。

周りの友達も結婚して子どもいる家庭が多いです。

話をちらっと聞いているだけでも、何かと入り用。

生きるだけでも大変なのに、学校に行かせたり習い事をさせたり。

そんなもん、ナンボでも出費かさみますやんか。

 

もし今ボクに子どもができたら、同じことできる気がしません。

そんなことを親父はボクに何の苦労も感じさせずにやってのけたわけですから、やっぱすごい。

 

親父の人生は幸せだったのか?

親父は長男ではないんです。

長男が家を出たため、次男に生まれながら家業である農家を継ぎました。

結局、親父は同じ家で生まれ育ち、今も暮らしています。

学校も同じ市内だったので、親父の人生は半径10km以内でほぼ完結してしまっているといっても過言ではありません。

 

ボクは小さい頃からずーっと農家を継ぐと思って生きてきました。

親父の生きてきた道を自分も生きていくんだと。

でも、大学に行って、色んな人と出会ううちに、もっと広い世界を見たくなった。

やってみたいこともできた。

それをやらずに実家に戻るのは、嫌だなと思ってしまった。

 

だから、東京に出てきました。

大阪のド田舎出身者からすればこれは前代未聞のことでした。

親族だけじゃなく、知り合いの中にも東京に住んでいる人はいなかったから。

 

実家に帰って、東京の話はほとんどしません。

親父に話してもほとんど理解してもらえないから。

始めての就職の時も、最後まで何やってるのか伝わりませんでした。

それぐらい、親父とボクの生き方には違いができてしまった。

 

自分の意志とは関係なく、実家を離れることを許されなかった親父。

60年間、同じ場所に住み、同じ田畑を耕す。

そんな人生は幸せだったのか?

 

今更だけど、いいたいこと

親父の人生が幸せだったのかなんて、ボクには分かりません。

ただひとつ、ボクからいえることがあるとすれば、

ありきたりやけど「ありがとう」ってこと。

 

健康に育ててくれた。

好き勝手生かしてくれた。

東京に行くこともなんやかんやで応援してくれた。

そして、ご先祖様から受け継がれてきた家や土地を守り続けてくれた。

 

ホンマ、ありがとう。

 

帰るべき場所を親父が守ってくれているおかげで、30歳越えても自由にやらせてもろてます。

でもボクもただたんにフラフラしてたわけやなくて、自分なりに色んなことを吸収してきました。

 

親父はもうボクが実家には帰ってこないと思ってるみたいですが、帰る気満々ですよ。

親父が受け継ぎ守ってきた実家や土地や技術と、ボクが今までに身につけた知識や価値観を合わせればめちゃめちゃおもしろいことができるとワクワクしてます。

 

親父は大したことないなんていうてますが、ウチで作る米はめっちゃうまいすよ。

店で使ってる米よりも格段にうまい。

毎年新米の時期に送ってくれた米は期間限定でお客様に出させてもらってますが、

みんなおいしいと感動してくれてます。

 

自分が気付いてないだけで、親父はすごいことやってるんです。

ボクはそういうところに少しでも光を当てていきたい。

みんなに知ってもらいたい。

 

それが今まで好き勝手やらせてもらってきたボクの、せめてもの親孝行やと思ってます。

 

また、お盆に酒でも飲みましょう

長くなってきたのでそろそろ終わりにします。

今年は阪神の調子がいいですね。

田植えも終わって、ちょっと一息というところでしょうか。

 

体に気をつけて、今年の米作りもよろしくお願いします。

今度、新しく買ったコンバイン乗らしてください。

 

残念ながらまだまだ結婚の報告はできそうにありませんが、元気に仕事してます。

お盆にはお土産かって帰るんで、そん時は酒でも飲みましょう。

 

ほなね。