団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

カッコよく生きていくために自分の店を持つことに決めました

スポンサーリンク

どうも!肉屋ロッカク(@rokkakujizo)でございます!

 

7月はほとんどブログも書かず、飲食の仕事に没頭しておりました。

なにしろ、新店舗の立ち上げ。

やることは山ほどあります。

 

内装やメニュー決めはもちろんのこと、各仕入れ業者との打ち合わせ。備品の準備。

実際に営業するためのリハーサル。

で、実際やってみたら問題は頻出で、日々改良改良。

 

だいたいのことは想定通りいくはずもなく。

でもそれがすごく楽しかった。

 

怒濤の1ヶ月を終えてみて、思ったことがありました。

 

「やっぱ、自分の店持ちたい!」

 

 

一国一城の主って、カッコいいよね

学生の頃からなんとなく、ずーっとイメージはあったんですよね。

自分の店でお客様をお迎えしている姿。

 

上京して飲食とはまったく違う業界に就職したけど、飲食やってみたいなーという気持ちは消えなかった。

だから転職して、今の会社でもう7年になります。

 

会社としてやらせてもらっているので、資金的にも余裕があるし、個人でやったらなかなか出店が難しい、銀座や六本木などの一等地でガンガン店がやれる。

非常にありがたい環境だなーとは思いつつも、会社でやっている限りはすべて自分のやりたいようにできるわけじゃない。

自分がやりたいことができるように結果を出して会社を動かしていくっていうのが賢いやり方なんですが、どうしても実現までには時間がかかってしまいます。

絶対できるとも限らんしね。

 

やっぱ、やりたいことを全部実現するためには自分でやるしかない。

それに憧れるんですよね。

一国一城の主、ってやつ。

 

アホみたいな理由かもしれませんが、ボクは自分がカッコいいと思う生き方をしていきたいんで。

 

自分の作った空間で最高の時間を過ごしてもらいたい

学園祭や地元で夏と秋に行われる祭が大好きです。

大阪にいた頃は実行委員や青年団に入って、毎年祭を運営したり、参加したりしていまいした。

 

何ヶ月も前から本番のたった一瞬のために、企画、準備するわけです。

めっちゃ大変だけど祭に集まった多くの人の笑顔をみていると、どんな疲れもすべてが吹っ飛んでしまいます。

 

飲食も同じです。

祭と違って毎日営業はありますが。

お客様にとっては年に一度かもしれないお食事を最高の思い出にしていただくために、食材の仕込みから、店の準備をやっています。

 

あー、ボクはこの感じが大好きなんだな、と。

企画するのも準備するのも営業するのも全部好き。

 

自分が作った空間で誰かの人生をちょっとおかしくおもしろくする。

そういうことをこれからも一生やっていきます。

 

それを実現するための場所として、自分の店を持ちます。

 

今できることはお金を稼ぐこと

やりたいことをやるためにはそれ相応のお金がかかります。

特に店をやろうなんてことになると、けっこうな額が必要になってきます。

 

幸い、ボクは実家を利用して店をやる計画なので、土地も建物も田んぼも畑も全部自分のものです。

それでも店をやるためにはリフォームもしなきゃいけないし、備品だってそろえないと始まらない。

 

まだ細かい計算は何もしていないけれど、個人店の開業では通例300〜500万円は必要なんだそうです。

対して、現在のボクの貯金額は保険などの積立金を除けばほぼ0円。

 

このままじゃあ、イオナズンを唱えたいのにMPが足りないベビーサタンみたいだ。

 

これはいかんなぁ。

今の仕事の給料が突然上がるわけでもなく。

節約生活を送ることで幾分かは貯金に回すこともできますが、それだけではなかなか厳しい。

 

でもよく考えたら、ブログ書き始めた理由のひとつって、自分のやりたいことをやるための資金を稼ぐってことだったはず。

ということは、ブログなどネットで稼いで開業資金にすればええねや!

 

現実的な問題として、諸事情によりまだまだ営業許可もおりていないので時間はあります。

実際に動けるようになるまでは開業計画を作りながら、お金を稼げるだけ稼ぐしかありませんな。

 

まとめ

ということで、今後の活動は独立開業を目標にやっていきます。

ブログの内容も開業準備的なことが多くなるかもですし、収益化についても本格的に取り組んで参ります。

 

稼げば稼ぐほど自分の店に近づくと考えればわかりやすい!

人間、明確な目標があった方ががんばれるしね!

まだまだ微々たるものですが、ブログからの利益も少しずつ発生してるし、とりあえずは300万円目指そう。

 

飲食業ってカッコいい生き方なんすよ。

気になる方はぜひこの本を読んでみてください。

飲食関係者だけでなく、すべての人にオススメなカッコいい居酒屋の話です。

 

 

 まいどおおきに!