団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

今週末大阪帰るねんけど、バス、新幹線、飛行機、どれにしようかしら?

スポンサーリンク

東名阪自動車道下り線で14日発生したバス事故。今回の観光バスは、「ウィラーエクスプレス関東」(東京都)が、「ロウズ観光」(岡山県倉敷市)に運行を委託していた。ロウズ観光によると、運転手は11日間連続勤務中だったが、この勤務体制は、群馬県で平成24年に起きた関越自動車道高速ツアーバス事故を契機に国土交通省が厳格化した新たな規制の範囲内。担当者は「夜勤の前に8時間以上の休憩を取っており、法的に問題はない」と説明している。

【産経ニュース】

僕も実家が大阪にあるため、夜行バスはちょくちょく利用させてもらっています。それだけに、他人事とは思えない事故です。

夜行バスだけでなく、自分の運転で大阪東京間を往復したこともありますが、正直しんどいですよ。仕事として慣れている方であっても、長距離運転はけっして楽なものではないはずです。

長距離移動で夜行バスという選択肢ってそもそもどうなの?

夜行バスの1番の利点といえば、料金の安さでしょう。大阪東京間の最安値が4千円台前半。新幹線の3分の1以下です。

僕も学生の時は使っていましたが、4千円台のバスのシートは普通の路線バスとたいして変わりません。座り心地も悪く、安眠はあきらめましょう。8時間も乗っていると体はガッチガチで、寝たはずなのにコンディションは最悪なんてことも。6千円程度払えば独立3列リクライニングシートのバスも選べるので、ちょっと奮発してでもそちらをオススメします。学生の時は無限の体力があったのでなんとかなってましたが、今はね、ちゃんと寝ないと次の日が死亡です。

まあ、どれだけ高い料金を払おうと、今回のような事故のリスクは避けられません。どうしても車移動は事故と隣り合わせです。料金の代償として安全性を犠牲にしている面はあるでしょう。いくら安いからって死んだら意味ないですよね。

「多少危険を伴ったとしても、安価で移動する」

その事実を受け入れられるかどうか。結局はそこなんです。

安全に早く移動しようと思えば、新幹線か飛行機の方が確実にいいわけです。ただし、質の高いものを求めれば、料金も高くなるのも当たり前です。

僕はバス、新幹線、飛行機を時と場合で使い分けています。次の日が休みならバスを使いますが、絶対に外せない用事がある時は必ず新幹線を使います。自分で決めて、納得した上で使っています。

移動一つとっても、リスク管理はしっかりやらないと、それこそとんでもない事件に発展する可能性がありますからねー。