団長Pの推さば推せ!引かば推せ推せ!!

元応援団長が東京で飲食業をやりながら大好きなものをひたすら推しまくるブログ

新しい職場で初日から気持ちよくスタートを切るコツ

スポンサーリンク

今年も4月からうちに部署には新人ちゃんが1人やってきました。

 

入って3ヶ月ほど経ちますが、技術や専門的な知識はまだまだで、仕事自体は全然できていません。でもそんなんは当たり前。誰だって始めは何もできませんし、何も知りません。

 

 

僕が新人に求めることはただ一つ。「元気」です。

 

これは僕が大学生の頃に所属していた応援団で学んだことです。

 

入部した時、僕は何もできることがないと思っていました。応援の型もできない。応援歌も歌えない。立っているだけ。そんな僕に先輩は言いました。

 

「たとえ、入部1日目でもできることがある。それは元気出すことや」

 

元気って、生きていれば誰でも持っているもの。言い換えれば、生命エネルギーみたいなものかもしれません。

 

周りを明るくしちゃうような人って、やっぱり元気でエネルギッシュですよね。

 

でもそれは別に特別な人間にしかできないことじゃない。その気になれば、誰だってその瞬間からできるんです。

 

例えば、誰よりも大きな声で挨拶するとか、いつもニコニコしているとか、はっきりと返事するとか。こういうことって心がけ一つ。誰でも今から始められることです。始めは変な顔をされるかもしれませんが、慣れてしまえばどうってことはありません。ちょっと勇気を出して、周りに伝わるまでやり続けることです。

 

だから僕は入ったばかりの新人に何もできないとは言わせません。何もできないと思うんなら、とにかくまずは元気な挨拶、元気なお返事。声を出していると不思議と元気になってくるもんなんですよ。そうしていれば、周りの反応も変わってきます。

 

これは僕が今まで生きてきて、新しい環境に入った時に1番心かげてきたことでもあります。何かをしようと思えばまずはそれに向かうためのエネルギー(元気)がないと始まらない、という信念があるからです。

 

人によってはこういう考えが合わない人もいると思います。実際、どうしても会わなくて離れていった人もいます。でもそれも仕方が無い。人にはそれぞれ向き不向きがあるし、やり方があります。自分の考えを強要しようとはまったく思いません。

 

ただ、僕と同じチームでやる人にはやっぱり元気を出してほしい。仕事って、誰かのために自分のできることをしてあげること。誰かを元気にしてあげることだと思うんです。だとすると、元気にする方の人間がまず元気じゃないと、他人を元気になんかできないですよね。僕らの仕事は誰かを元気にすること。だから、自分が1番元気じゃないといけないんです。

 

今年の新人ちゃんは元気です。元気がすべての土台になります。今はできなくても、土台がしっかりしていれば必ず立派な自分を築けます。

 

それに、元気な人間を悪く思うような人はいませんよ。もし新人が、不安なことも多い中で元気にやろうとしているのに、無下に扱うような職場なら、すぐに辞めるがいいです。

 

「元気があれば何でもできる」というのは、けっこう真理を突いてるんじゃないですかねぇ。